TEAM チーム

TEAM チーム

トップメッセージ

「世界同時不況からの回復の足取りが重いなか、当社の業績は、・・・にとどまる結果となりました。」といった、お決まりの表現で始まる各企業の業績報告。
このような「人ごとめいた」言い方に違和感を覚えるのは私共だけでしょうか?
業績の低迷にあえぐ企業は、厳しい経済情勢を格好の口実にするでしょう。
グローバルな競争にさらされ、狭まる利幅に苦しむ企業は、世界の「スモール化」「フラット化」をその理由にあげるでしょう。
その意味で、今日ほど低迷の言い訳にこと欠かない時代はないと言えます。
しかしその一方で、昨日まで存在しなかったビジネスチャンスが、突如として生まれているのが現代の特質です。
氷河期が恐竜をして絶滅させ、人類の時代の幕開けの契機になったように、この時代に力強い成長をとげる企業には、事業機会の大海原が広がります。
そんな時代だからこそ、ネプチューングループは、競合アドバンテージを先取するお手伝いをしたいと考えます。

ネプチューングループ 代表取締役 吉田宣也

コンサルタントチーム紹介

吉田 宣也 Nobby Yoshida

吉田 宣也 Nobby Yoshida

CEO

ネプチューングループ代表。 ITからバイオまで、幅広いコンサルティング実績。 トレンドマイクロ(4704-東証)の初代代表取締役として同社を株式公開。その後10年間、ソフトバンク・インベストメント(現SBI)投資委員会委員として、1500社以上のベンチャー投資案件の選考・指導を担う。マサチューセッツ工科大学のベンチャー支援組織「日本MITエンタープライズフォーラム」副理事長、ベンチャー経営指導、産学連携支援 および海外提携を担当。 SBI大学院大学にて教職(現職)。

ブライアン・サンドラー Brian Sandler

ブライアン・サンドラー Brian Sandler

Director

ネプチューングループ  ダイレクター。  さまざまな業種の国内企業に対しての海外事業開拓を中心に15年の経験。とくに日本企業の海外における市場機会のアセスメントや提携パートナーの開拓、調整、および営業支援に精通。長きに亘って東京を拠点とし、日本や海外の会社のニーズに応えるグローバルなビジネスコンサルティング活動を続ける。


International Advisors

ミケーレ・ファルコーネ Michele Falcone

ミケーレ・ファルコーネ Michele Falcone

デザイン家具市場で約30年の経験を持ち、Herman Miller, Natuzzi, Sobha, Haworthなどのグローバル企業の経営幹部を歴任。M&Aや事業再編・再生、戦略構築プロジェクトなどを通じて、企業の収益性、成長性を追求する豊富な経験を有する。ファルコーネ氏はまた FEMB(欧州オフィス家具連盟)会長、ミラノ・アソロンバルダ(ミラノ経団連)、AmCham Italy(米商工会議所イタリア支部)などの主要団体にて要職を歴任。ミラノ工科大学卒。

ヘンリー・ミューラー Henri Muller

ヘンリー・ミューラー Henri Muller

長年にわたり、Alcatel Lucent、AEG、Ricoh 等のテレコミニュケーション、再生可能エネルギー、事務機器関連のグローバル企業において特にファイナンス部門の重要ポジションを歴任。また、多くのM&A案件、スタートアップ企業支援の実績をもつ。

カール・モスコヴィッツ Karl Moskowitz

カール・モスコヴィッツ Karl Moskowitz

ネプチューングループ  シニアアドバイザー。  日本と韓国を中心にアジア・中東・欧米にまたがる幅広い業界における30年以上のコンサル実績。代表的コンサル実績として、デュポン、IBM、ユナイテッドテクノロジーズ、ダウ・コーニング、現代グループ、ハインツ、インドスエズ銀行、エバーグリーンソーラーなど。 コンサルティング活動以前、ハーバード大学にて教職(韓国の歴史と経済発展)。ハーバード大学Ph.D。

トーマス・ヒューデック Tomas Hudec

トーマス・ヒューデック Tomas Hudec

25年以上にわたりToshiba、 Konica Minolta、Seiko Epson等の主にデジタル印刷、繊維業界におけるグローバル企業で重要ポジションを歴任。特に、Seiko Epsonの中欧・東欧における事業展開の成功事例は、Hudecの尽力による。その後、コンサルティング会社Step Agency s.r.oを設立し代表を務める。英語、ドイツ語、チェコ語、ロシア語に堪能。

ヤロスラフ・ルース Jaroslav Rous

ヤロスラフ・ルース Jaroslav Rous

20年以上にわたり飲料の世界的企業であるSABMillerおよびPilsner Urquellにおいて重要ポジションを歴任。現在は、主に食品、FMCG(日用消費財)分野のグローバル企業に対する事業戦略、マーケティング等のコンサルティングを行う。

マーク・A・ヒル Mark A. Hill

マーク・A・ヒル Mark A. Hill

Fortune 500に名前を連ねる有力IT企業においてUS$10億の主要事業部門の責任者を勤める。その後、コンサルティング会社MKP Inspiredを設立し、グローバル規模でスタートアップからメジャー企業を対象にエグゼクティブ・コーチング等を行う。英国・Guildford大学卒業。

ピン・フォン Ping Fong

ピン・フォン Ping Fong

McDonnell Douglas/Boeing、Air Products、Baxter Laboratories 等の世界的企業において重要ポジションを歴任。現在は、コンサルティング会社MKP Inspiredのシニア・パートナーとして、大手企業に対しM&A、J/V、P&Lマネジメント、マーケティング戦略等のコンサルティングを行う。シカゴ大学MBA取得。


Japan Advisors

三輪 晴治 Seiji Miwa

三輪 晴治 Seiji Miwa

ネプチューングループ  シニアアドバイザー。自動車、エレクトロニクス関連業界を中心に40年の事業経験。 主力半導体メーカーの経営層とは緊密な人間関係を持つ。経営の主な経歴として、ケーデンスデザインシステムズ社長のち会長、テラダインジャパン副社長、東プレ取締役、マグマデザインオートメーション代表取締役、アモコアジャパン社長のほか、eASIC社取締役(現職)。九州大学経営学部卒。

益田 哲夫 Tetsuo Masuda

益田 哲夫 Tetsuo Masuda

ネプチューングループ  シニアアドバイザー。  セキュリティ及びリスクマネジメントのエキスパート。法務省・公安調査庁にて28年間勤務。その間イスラエル国テルアビブ大学ヤッフェ戦略研究所客員。また人事院短期在外研究制度により渡米、関係機関との交流を深めたほか、スタンフォード大学フーバー研究所での勤務経験。定年退職後、安全・危機管理のコンサルティングを業務とする日本アイシス・コンサルティング株式会社を設立、多くの官公庁、商社、金融、非営利団体にて講演及びコンサルティング活動を継続。

萬方 潤 Jun Manbo

萬方 潤 Jun Manbo

ネプチューングループ シニアアドバイザー。35年以上に渡りあらゆる業種の日本企業に対しマネージメントコンサルティングを提供。富士総研のシンクタンクで上級コンサルタントとして活躍後、2012年までみずほ総合研究所にてシニア経営コンサルタントとして活躍。ノーザン・イリノイ大学MBA。